プーチン批判で「殺された」ロシア人記者登場で騒然 ウクライナに移住


1名無しさん@おーぷん2018/05/30(水)11:20:52 ID: ID:???

※記者は昨年2月、「自分や家族に対する度重なる脅迫」を理由にロシアから移住していた
バプチェンコ氏は、2014年から続くウクライナ東部での同国軍と親ロシア派の紛争やシリア内戦をめぐってプーチン政権を批判した
ウクライナへ移住後は、ロシアによる一方的なクリミア半島併合後に同半島で放送できなくなり
キエフに活動拠点を移したクリミア・タタール系住民向けのテレビ局で働いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000031-asahi-int

2名無しさん@おーぷん2018/05/30(水)15:40:13 ID: ID:???

恐ろしいな

3名無しさん@おーぷん2018/05/30(水)15:40:13 ID: ID:???

恐ろしいな

4名無しさん@おーぷん2018/05/30(水)15:47:44 ID: ID:???

恐ろいだな

5名無しさん@おーぷん2018/05/30(水)15:55:34 ID: ID:???

おそろしあ

6名無しさん@おーぷん2018/05/30(水)18:15:34 ID: ID:???

自殺に見せかける工夫すらしないのはなぜだろう?

7名無しさん@おーぷん2018/05/30(水)20:33:44 ID: ID:???

見せしめ
独裁だと喚いてる工作夜盗にもやってやれ

8名無しさん@おーぷん2018/05/31(木)03:23:05 ID: ID:???

ロシアの「射殺」された記者、実は生きていた ウクライナ当局が暗殺阻止の「特殊作戦」と発表(産経新聞) – goo ニュース
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/sankei-wor1805310005.html




















引用元:プーチン批判のロシア人記者が射殺 移住先ウクライナで

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする